jpg

海で捕獲瑪姬美容 去印した魚を陸揚げした時に使われる、
昔は、臭いが移らないとされるナラやブナの木製のものが使われていた。
今は、ほとんどが発泡スチロールのものに取って代わられてしまった。
それゆえか、木製のトロ箱を見ると、つい郷愁を感じてしまうところがある。
だけども、新しいものに置き換わり
冷凍技術も増し加わったがゆえに新鮮なまま食卓と届けられるようになった。

木製のトロ箱を使っていたような時代は、魚を腐らせないようにするために
トロ箱の中に一つの工夫があったという。
それは、
一つの箱の中に種類の違う魚を あえて入れておくのだという。
一種類だけを入れるとすぐに死んでしまうが、
違う種類の魚を入れておくと緊張感が生まれ鮮度が保たれるという。


インブリーディング(inbreeding)という言葉がある。
近親交配、同系繁殖、近親結婚 瑪姬美容暗瘡などを意味し、
同じ親から生まれた近親種同士で、交配を続けると数代で、
すぐに劣性の兆候が現れて出てくる。
ニワトリの場合であれば、身体も小さく、卵をうまなかったりする。
こんなことが、人間にも当て嵌まるとされ、
ごく近い関係にある同族の結婚が、どこの国でも禁止されている。

生物学的にインブリーディングが問題があるのだとすると、
知的分野においても同様のことが言える。
たしかに、
企業が同族で占められたりすると弱体化しやすい傾向を持っている。
ロータリークラブの各支部では、一業種一会員のキマリを温存している。
それの方が、活性化するという。

政治世界に眼を転じてみると、
あいも変わらぬ2世、3世議員の多いこと多いこと。

まるで、インブリーディング状態。

国会というトロ箱の中に、
違う種のものをPretty renew 傳銷吹き込まなければ劣性化する。